日本語で歌える洋楽

【恋人の事を気にかけていないとこうなります】 Jusntin Bieber - Love Yourself

更新日:

 

この記事を見てくださっているということは少なからず皆様は洋楽に興味があったり大好きだったりると思います

では邦楽はどうでしょうか?

私は長らく邦楽を選んで聞いていないのでJ-POPのことはよく知らないのですが、皆様はどうでしょう

邦楽と洋楽が半分半分?それとも8:2とかでしょうか

例えばCMなどで流れている流行っていそうな邦楽を聞くと、

個人的な感想では少し歌詞がストレート過ぎてあまり好みではないのですが、

ここ数年でこういうJ-POPが増えています

だからというわけではありませんがこのブログで、

歌詞に隠されたアーティストの思いなどについて見識を深めてもらえれば嬉しいです

つべこべ言ってないで早く始めろと言わないでください始めます

 

一秒で分かるラブユアセルフ

リリース当時は珍しかったジャスティンビーバーのスローテンポな曲

アップテンポじゃないのにめちゃくちゃキャッチーで、めちゃくちゃ売れた

 

発音を上達させたい方へ

初めての方はこちらを先にご覧下さい。

上記のページでは日本人にとって発音が難しいとされている子音、または動画の中でよく出てくる発音について書いています

ではこの曲に特化して書いていきましょう。

 

For all the times that you rained on my parade

まず"all the"です。動画内では「オゥダ」と表しましたが、この小さい ウ は口を丸めて発声するウではありません

この ウ は、Lの音が単語の後ろに来た時に日本人には「ウ」と聞こえるときがあります

例えば、発音の良いBeautifulを聞いたときに、ビュゥティフォゥと聞こえたりしたことはありませんか?

実際にテレビのテロップなのでもこういう風に文字起こしされていることがあります

じゃあ口をすぼめずにどうやって「ゥ」の音を出すのか、という問題ですが

上の前歯の裏に舌を軽く当てて、声を止める。

これが”all"の最後の"L"の部分の発音です。自分では口の形的にLと発音しているつもりですが、

周りにいる人たちはその音を「ウ」と認識するはずです

ここにまた日本語と英語のギャップが表れていて面白いですよね

この発音の違いを知っていて、このLの音をマスターすれば、リスニングの能力が飛躍的に伸びます

伸びるというのは「ウ」と聞こえる英語の振り分けができる、という意味です

このようなカタカナ歌詞に現れる妙のようなものを理解してもらえると、

自分で違いが掴めて発音できるわけですから、リスニングの力はつきます

またこういうものが出てきたらちゃんとお伝えするので、見逃さずにチェックしてね

ちなみに、これでも難しいよ~って方は普通に小さく「ゥ」と言っても大丈夫です!

私も初めのころはただ口をすぼめて「ウ」と言っていたものです

ここまで'all the"の"all"の発音について書いてきたわけですが、"the"の発音についてはこちらに書いてあります

 

次にハイライトしたのは"rained on”です

これは音がつながるルールに従うと、「レィンドン」というような発音になりそうですが、

動画内では「レィンン」というような感じになっています

確かに「レィンドン」でも全然大丈夫ですし、むしろこっちの方がルールに則ているという点では正しいです

しかし何事にも例外はつきもので、これもその一例に入ります

"ing"などもそうだったのですが、"n"の音が後ろの子音に勝つことがあります

これは常に誰もがそうなる訳ではありませんので特に重要視する必要はありません

英語を聞いている時に、こういう例外もあるんだと気に留めておくと聞き取りやすくなる、それだけのことです

 

Cause if you like the way you look that much 

「ダゥマチ」と書きました。ここで早速先程の発音が出てきます

tの音はどうやって発音しますか?tの音素は「トゥ」です

「トゥ」と発音する時、皆様の舌は上の前歯の裏に軽く触れるはずです

つまり、Lの発音の時と同じ部分に舌が来るわけです

先程も行った通り、上の前歯の裏に舌を軽く当てたところで止めると結果的に「ゥ」というような音がでます

これが「ダゥマチ」のカラクリです

 

And tried to make me forget where I came from

今から信じられないことを言います。

「to」は「ア」です。

どうでしょうか、まだ理解が追い付いていない方もいらっしゃるでしょうからちゃんと説明します

普通「to」は「トゥ」という読み方で習いますが、確かにそれは正しいです

だってtとoが組み合わさったら「トゥ」としか読みようがないですし、音声学でももちろんそうです

ただ「言語は文化」と慣用されるように、実際は違う言い方の方がネイティブらしく聞こえることがあります

日本語で言うと「ら抜き言葉」みたいなものです

で肝心の”tried to"ですが、例によって”to”は「ア」なので「チュァィド トゥ」ではなく、「チュァィダ」となります

もちろん「チュァィド トゥ」でも全然問題ありません

これ毎回言っていますが、初めて見る記事がこれの人もいるでしょうから悪しからず

 

この歌詞オシャレすぎ!

I've been so caught up in my job, didn't see whats going on. But now i know, I'm better sleeping on my own.

この楽曲"Love Yourself"を作成していた2014年から2015年にかけて、彼の才能と楽曲作成の熱が爆発し、仕事に没頭していたようです

その仕事量の価値と同等もしくはそれ以上にその当時の彼は売れ、世界でトップのアーティストとしての位置を確固としました

2010年にリリースした"Baby"を超す勢いでこの2年間のみで人気を獲得した彼ですが、

次に来る彼の第3盛期がこれを超すようであれば、

あくまで主観ですがマイケルジャクソンを超えるアーティストになると思います

この誰もが聞き入ってしまうジャスティンビーバーの声ですが、

この声だけで彼のファンになった方も少なくないと思います。

これが英語圏以外の国の人々からも支持される理由でしょう

私は2010年の頃は幼く英語も全く分からなかったのですが、

ふと地上波のニュースで彼のニュースが流れ、歌を聞いてみたところそれまでの人生で聞いたことのない綺麗な歌声でした

そこから数年して中学生になり、やっと授業で英語が取り入れられ、

それ以外の見識も深めたところで彼の曲を聞いたところ、

声は綺麗なものの「まだ歌詞は少し幼さを感じるな」と彼よりも年下であるにも関わらず偉そうなことを思いついたものでした

ただこの2年間は本当に怒涛の2年間で、声変わり後も変わらない魅力的な声となんと歌詞に対する才能が開花し始めたのです

正直この声に作詞の才能もあるのは現時点では最強に近いです

そんな彼の才能開花の黎明期のポえトリーな歌詞をご覧ください

早く始めろと思っていた方すみません始めます

 

 

これは色々な方に和訳されていますが、大きなテーマとしてはジャスティンビーバーの元カノに関して綴られた曲です

元カノということは当たり前ですが別れてしまって、もう彼の隣には居ないわけです

バース1,2ではおおよそですが彼女から発生した別れの原因を歌っています

そしてサビ前のプレコーラスの部分では彼自身から発生した別れの原因を綴っている、そんなところです

今回載せたのはプレコーラスの部分なので、後者となります

それでまず、先ほども申した通りこの曲の作成時期は2014年から2015年の彼が楽曲作成に没頭していた時期で、その最後に書かれた歌だそうです

それでまず最初のライン、
"I've been so caught up in my job, didn't see what's going on" 

(仕事に没頭していて、君のことを顧みていなかった)

という歌詞が出来ました。

ただジャスティンが仕事に専心していた間も、その彼女は彼の名前を利用してクラブに入り浸ったりジャスティンに毒を吐いたりしていたようです

寂しさからのこういった行動だと思いますが、いかがなものでしょうか...

そうして仕事に専念しているにも関わらず、彼女にクラブに入り浸られ毒を吐かれとしている間に彼の中で気付いたことがありました

それが次のラインで綴られています

But now I know, I'm better sleeping on my own.

(1人で寝る方がしっくりくるんだよ)

それまでジャスティンは夜に寝るときは常に彼女がいたようですが、

先述したような理由で夜に家で寝ることが少なくなりました

たまの休みに家で寝れるとなっても、彼女はまた彼の名前を使って夜はクラブにいるから一緒に寝ることは確実に少なくなっていたんじゃないかなと思います

そうしている間に1人で寝ることに慣れてしまい、

彼女が横にいなくても寂しく思わなくなった結果、この歌詞が生まれた様です

私には彼は単に強がっていて、歌詞に書くことで無理やりにでも忘れようとしていたんじゃないかなと感じ取っていました

いまだにそう思っています

ひとこと

今回はなぜかめちゃくちゃ堅い感じになってしまってごめんなさい

-日本語で歌える洋楽

Copyright© イングリッシュニンジャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.