日本語で歌える洋楽

【Shape of Youが有名になった理由】 Ed Sheeran - Shape of You

更新日:

日本語で歌える洋楽のブログシリーズ第二弾、エドシーランのシェイプオブユーです!

このブログをまだチャンネル内で公表してないのですが、数十回のページビューがあります

これはチャンネル登録者様なのか、そうではないのか。。。どっちでもいいですけど。。。

 

1秒で分かるシェイプオブユー

ノリやすいハイテンポなメロディーと心地よく踏まれる韻が合わさったキャッチ―な歌

日本で配信開始(2017年1月6日)されてすぐに

すっきりに取り上げられて日本でも有名になったようです

 

発音を上達させたい方へ

初めての方はこちらを先にご覧下さい。

上記のページでは日本人にとって発音が難しいとされている子音、または動画の中でよく出てくる発音について書いています。ではこの曲に特化して書いていきましょう。

The club isn't the best place

動画が始まって一番初めのラインですが、いきなり難しいですよね。

isn't の t と the のth は音が似ているので大体の場合は一緒くたに発音されます。

なので、イズンダもしくはイズンナのように発音されますが、

後ろの「ンダ」ないし「ンナ」は極めて弱く発音され、

この部分をないがしろに発音するネイティブもいます。

英語学習者にとってはないがしろって何!はっきり発音して!って感じですが、言語ってそんなもんです

Me and my friends at the table doing shots

AT THEの部分ですが、これも先ほど同様発音がないがしろにされるパターンです

多分いま日本で教えられている英語の発音の法則として、

「似た発音の単語が続くときは、前の単語の音が脱落する」と教えられることが多いと思います、実際私もそうでした

というのは、AT THEの場合、アット ザ(ダ)ではなくて、

アッザ(ダ) (前の単語の音「ト」が脱落)  というように発音すると教わった方が多いかもしれません

ですが正確には、先ほども申しましたように「ないがしろ」にされます。

もちろん「アッザ」のように発音されることもありますが、

逆に後ろのTHの音が脱落し、そしてTHEのEの部分「ア」だけが残ることもあります

つまりこの動画で表記されている「アッタ」というように発音されることもあります

 

これは今の日本の英語教育では教えてもらえない情報ですし、

逆にカタカナのわからない英語のネイティブのALTの先生なども教えてはくれません

カタカナ英語にこだわってきた私の捉え方ですので、半分参考に、半分私のことを馬鹿にしながら知っておいてください

 

 

そして長くなりましたがTABLEの発音です

動画内ではティボゥと書いてしまっていますが、ティだとおかしいですよね、テイ ですね

まあそれはどうでもよくて、細かい発音は「BLE」の部分です

これは日本語の中に外来語というジャンルがあるが故の弊害なのですが、

結構な数の日本人がテーブルをそのままテーブルと発音しがちです

特に英語の文章を読んでいる時や洋楽を歌っている最中には「テーブル」というように日本語英語で発音してしまう方が多いようです

そして肝心のその部分ですが、なにか特別なことをする必要はなく、「ボゥ」と言うだけで大丈夫です

ここまで読んでもらったのにすみません(笑)

 

We talk for hours and hours about the sweet and the sour

まずはSWEET ANDですね

これは「スウィェン」と書きました

これは私の最初期の動画で、かなり抽象的になってしまっているのですが、

具体的にすると「スウィ(ト)エン」となります

学校で習うような発音の法則だと、「単語と単語が子音と母音でつながっている時は重ねて発音する」

ということから「スウィテン」というような発音になりそうですが、そんなことはないです

ある程度の法則ももちろんありますが、例外ももちろんあります

というより私はそのような法則はあってないようなものだと捉えています。

まあそんなことはどうでも良くて、これの発音の細かいところをみていきましょう。

 

「スウィ」まで発音した後、「ト」と言うつもりで上の前歯の裏に舌をつけます

でもここで実際に「ト」とは言わずに、喉だけを使って小さく「エン」というように発音します

でもこの方法が難しいと思う方は普通に「スウィ(ト)エン」というように言っても全然大丈夫ですよ!

とにかく口からこんな感じの音が出れば良いのです、気楽にいきましょう

 

そして次にSOURです

これは外来語としての読み方だと「サワー」になりますが、実はちょっと違います

SOURをSとOURに分けてみると分かるのですが、

OURっていうのは「私たちの」という意味の「アゥァ」ですが、これの最初にSの音をつけてみましょう

するとつまり「サゥァ」と言うような発音になります。

 

この歌詞オシャレすぎ!

How your family is doing okay.

Leave and get in a taxi, then kiss in the backseat.

Tell the driver make the radio play,

この歌はそもそもバーで出会った女性と恋に落ち、
最初は彼女の外見を好きになったけれどもそこから内面にも惚れていくのか...?

みたいな感じの歌なのですが、上記の歌詞は2バース目の後半のものです。

そしてこのバースの最初には、出会って一週間ほどでバー以外の初デートにでかけて、
そこで内面にも惚れ始めた旨を綴っています。

そこから、How your family is doing okay「家族は元気にしているかい」

というように相手の家族を気に掛けていて、この男が彼女をの恋を本気に考えていることをうかがえます。

そして帰り際にタクシーに乗るやいなや後部座席で2人はおもむろにキスし始めて、

タクシードライバーにラジオをつけるようにお願いします。

この理由は2つあり、

1.ロマンチックなムードをより醸すため。

2.キスの音をかき消すため。

です

1回目のデートで相手の家族のことを気にかけ、彼女を大切にするそぶりを見せたと思いきや、

ラジオをつけないと音が漏れてしまう程熱いキスをしているわけです。わーーーーーーーー!!

結局は彼女の外見にしか興味はなかったようです。

それを裏付けるようにその後には、

I'm in love with your shape of you. We push and pull like a magnet do.

(君の外見(体つき)に恋をしたんだ。僕たちはまるでマグネットのようにピーするよ。)

 

 

わーーーーーーーーー!!

 

ひとこと

バーで初めて出会ってその日に恋に落ちるような男性がチャラ男なのは、世界共通なようです。

「身の回りにこんな人がいる」と想像がつくからこそこの歌がここまで世界中で有名になったのではないでしょうか!

 

-日本語で歌える洋楽

Copyright© イングリッシュニンジャ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.